dカードのETCカードについて

ETCカード…これがあれば高速道路も楽ちんです。料金所から紙をもらって、出るときに支払うのは面倒くさいですからね…

dカードをどうせ発行するならETCカードも同時に発行してしまいたいだとか、ETCカードを目当てにdカードを発行しようか迷っている人のために今回はdカードのETCカードについて解説していきます。

dカードETCカードについて

dカードETCカードはdカード(旧DCMXカード)が発行しているETCカードです。このETCカードは基本的にはdカードと同じなので、請求先もポイントの貯まり方もdカードと同じになってきます。

券面はこんな感じで非常にクールです。

Screenshot at Feb 16 15-08-48

フラットデザインの流行に合わせてデザインされたdカードのロゴとETCのロゴがブルーの券面にマッチしてるので、クレジットカードの類とは思えないカッコよさをかもしだしていますね。これがdカードの券面だったらもっと良かったのですが…

dカードETCカードについて

さて、早速dカードETCカードの利点について書いていきましょう。

年会費について

ETCカードでまず気になるのが年会費ですね。dカードETCカードの年会費は500円ですが、初年度と前年度に1回でもETCカードが使われたことがある場合は無料です。

実質無料みたいなものですね。もし他にもETCカードを持っており、そちらを使い続けながらもdカードETCカードを発行してもらった場合、2年目以降から年会費500円が掛かってくる可能性があるという感じですね。

dカードをメインに使おうと思うのであれば他のETCカードは解約してしまったほうがいいかもしれませんね。

ポイントについて

dカードETCカードを使うともちろんポイントが貯まります。このカードの還元率は100円あたり1ポイント、つまり1%ですね。

このカードを使うことにより貯まるポイントはdポイントで、dポイントは

  • docomoの携帯料金の支払い
  • 商品との交換
  • ポンタポイント、マイル、iDとの交換
  • 対応店舗での支払い
  • dマーケットでの購入

などに使うことが出来ます。

ちなみにdポイントはマクドナルド、ローソンで購入することによりも貯まります。dポイントは今のところはTカードやポンタと比べると貯められるところは少ないですが…マクドナルドやローソンという今まで参入が不可能だったところにdポイントを対応させていることを考えると今後dポイントが貯まる店はどんどん増えていくことでしょう。

家族会員のETCカード

dカードETCカードは家族会員でも使うことが出来ます。

dカード家族カードを発行していれば、dカードETCカードはその枚数分発行することが出来るのです。ETCカードの利用料金を可能なかぎりまとめたいと思っているのであれば最適ですね。

その他

その他の特徴としては盗難、紛失、偽造などで不正利用が発覚した場合、それをdocomoが補填するサービスや、ETCに乗ることにより貯まって、無料通行分に使えるETCマイレージサービスに対応しています。

あまり積極的には活用しないけどあればあったで嬉しい知っててよかった系のサービスですね。

dカードについて

さて…そんなETCカードを発行することが出来るdカードですが、これはどういうものかについても説明していきましょう。

特徴

dカードの特徴はいろいろありますが、大きいのはiDが使えることとdocomo携帯料金が安くなること、そしてdポイントが貯まることでしょう。

iD

id-docomo

dカードとiDについてでも解説しましたが、このiDというものはポストペイ型電子マネーと呼ばれる電子マネーです。

このiDが大きな特徴とされているのはSUICAやnanacoやWAONと違って事前にチャージしておく必要が無いのにもかかわらず、タッチで買い物が出来るからです。他のプリペイ型電子マネーとくらべて煩わしさが全く無いというのがいいですね。

また、iDは古くからあるので対応店舗もかなり多いというのも大きなメリットです。dカードの利点の3分の1くらいはiDにあるといっても過言ではないでしょう。

また、iDで支払うと余計にポイントが貰えたり、貰えるポイントが増えるキャンペーンも頻繁に行われています。お得で楽なんて最高ですね。

docomoの携帯料金が安くなる

dカードGOLDを持っている場合、携帯料金と光の利用料金の10%がdポイントとして自動的に還元されます。すなわち実質10%も安くなるというわけですね。毎月8000円払っているのなら800円も安くなります。この場合年間9600円安くなるのに加えてdカードの支払いによるポイント還元も加算すると合計で1万円以上近くお得になることになります。

docomoユーザーなのであればdカードを持っていなかったらそれだけで年間1万円以上損していると考えると震えてきますね。

もしドコモユーザーなのにdカードを持っていないのであれば今すぐ申し込んでしまいましょう。

dポイントが貯まる

先程も解説したとおり、dカードを使うとdポイントが貯まります。

さらに、ローソンやマクドナルドでdカードを使うと購入料金の3%がポイントとして還ってくるというキャンペーンも行われています。

還元率は同じく1%とかなりの高還元率となっているので、ポイントが欲しいなら何でもいいという人にもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] dカードなんかは家族カードすべてにETCカードが付いてくるみたいなので、家族カード全てにETCを付けたい人はそちらを手に入れてもいいかもしれません。 […]